logo

シリンダー錠に抜き差しする鍵の形状を“音”から推測する技術、合鍵の不正作成も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、シリンダー錠に差し込む鍵の形状を音から推測できる技術「SpiKey」を開発した(発表論文)。

音から鍵の形状を推測(出典:NUS)
音から鍵の形状を推測(出典:NUS)

 SpiKeyは、一般的に“シリンダー錠”と呼ばれることの多い、錠内でシリンダーのピンが片面だけに設けられた“ピンタンブラー錠”を対象とする技術。ピンタンブラー錠に鍵を差し込むと、ピンにぶつかった鍵の“山”がピンを正しい位置へ押し上げることで、内筒が回せるようになる。こうして解錠できる仕組みだ。

 研究チームは、まずピンタンブラー錠に鍵を差し込んでから抜くまでの音をスマートフォンで録音した。録音データを解析して鍵の山とピンがぶつかる音を調べると、解錠に必要な鍵の形状をある程度推測できるという。具体的には、33万通りを超える形状パターンのなかから平均3通りの候補に絞り込めたそうだ。

鍵の“山”がピンとぶつかって音が鳴る(出典:NUS)
鍵の“山”がピンとぶつかって音が鳴る(出典:NUS)
音を解析して鍵の形状を推測(出典:NUS)
音を解析して鍵の形状を推測(出典:NUS)

 この技術を利用すれば、鍵を抜き差しする際の音さえ何らかの方法で入手できれば、鍵を不正に開けられる可能性がある。ピッキングと違い、合鍵を作ることも可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]