logo

セブン-イレブン、自社アプリの決済機能に「PayPay」導入へ--「7pay」以来1年ぶり

山川晶之 (編集部)2020年08月11日 14時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPayは8月11日、セブン-イレブンの自社アプリ「セブン-イレブンアプリ」に「PayPay」が導入されると発表した。10月以降の提供開始を予定している。

キャプション

 セブン-イレブンでは、セブン-イレブンアプリの決済機能として「7pay」を2019年7月1日より導入したが、開始直後に不正利用が発覚。9月末にはサービスを終了するに至った。今回、他社の決済サービスを導入することで、再び自社アプリでの決済機能提供が実現する。

 アプリでは、画面上にPayPayの支払い用バーコードが表示され、全国のセブン-イレブン店舗で決済できるほか、会員コード提示で受け取れるバッジやセブンマイル(税別200円購入で1マイル)と、PayPayボーナス(支払額の最大1.5%)を同時に受け取ることができる。

 これまで、PayPayを使ったことがないユーザーでも、セブン-イレブンアプリのみで決済できるものの、チャージがセブン銀行ATMのみに制限される。もし、銀行口座からチャージしたい場合は、別途PayPayアプリで登録を済ませたアカウントでログインする必要がある。

 なお、セブン-イレブン店舗では、LINE Payや楽天ペイといった複数のバーコード決済サービスが利用できるが、PayPay広報部に確認したところ、セブン-イレブンアプリはPayPayの単独実装になるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]