logo

Mad Catzのアーケードスティックが復活--新製品「EGO Arcade FightStick」を発売

佐藤和也 (編集部)2020年08月06日 16時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香港に拠点を置くMad Catz Globalは8月6日、トーナメントグレードのジョイスティックや高耐久ボタンを採用したアーケードスティック「EGO Arcade FightStick」を国内発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売想定価格は2万円前後(税込)。8月下旬の販売を予定している。

EGO Arcade FightStick
EGO Arcade FightStick

 Mad Catzは、1990年代に米国を代表するゲーム周辺機器メーカーとしてアーケードスティックコントローラーをはじめとするゲーミングデバイスを展開していたものの、2017年に破産。香港に拠点を置くMad Catz Globalとして、2018年に復活。マウス、キーボード、ヘッドセットなどを展開していたが、アーケードスティックコントローラーも再投入する形となった。

 EGO Arcade FightStickは、8方向三和電子製ボールトップジョイスティックと高耐久ボタンを採用。8つのボタンレイアウトは「Vewlix」スタイルを正確に踏襲したもの。接続はUSB2.0での有線方式。PS4、Xbox One、Nintendo Switch、PCで使用できる。本体サイズは幅400mm×奥行250mm×高さ80mm。重量は2.76kgという。

 あわせてゲームパッド「C.A.T. 7」、ハイエンドゲーミングマウス「R.A.T. PRO X3 Supreme Edition」、ゲーミングマウス「R.A.T. 8+ ADV」の発売も発表。こちらも価格はオープンプライスで、実売想定価格はC.A.T. 7が8000円前後、R.A.T. PRO X3 Supreme Editionが3万円前後、R.A.T. 8+ ADVが1万5000円前後(いずれも税込)。8月下旬の販売を予定している。

C.A.T. 7
C.A.T. 7
R.A.T. PRO X3 Supreme Edition
R.A.T. PRO X3 Supreme Edition
R.A.T. 8+ ADV
R.A.T. 8+ ADV

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]