logo

キヤノン、写真クラウド「image.canon」で障害--写真や動画の元データが一部消失

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月7日、写真クラウドプラットフォーム「image.canon」の障害について、データの一部が消失したと発表した。

 image.canonは、カメラやPCと接続することで、写真をクラウドに自動アップロードし、外部サービスへの転送も可能なクラウドサービス。最大30日間保存する「短期保存ストレージ」と、期間無制限で最大10GBまで画像を保存する「長期保存ストレージ」の2サービスを提供している。

 7月30日(日本時間)に長期保管用の10GBストレージで障害が発覚。詳細な調査を行うため「image.canon」のモバイルアプリやPCブラウザからのサービスを同日16時より停止。調査の結果、6月16日9時より前に10GBストレージに保管していた利用者の静止画・動画データの一部が消失していると判明した。

 原因として同社は、サービスをコントロールするソフトウエアを7月30日に新バージョンへ切り替えた際、短期保存ストレージをコントロールするプログラムコードが、短期保存ストレージ機能と長期保存ストレージ機能の両方で作動。その結果、30日以上保存された画像が一部消失したという。なお、今回の障害による静止画・動画データの外部流出はないとしている。

 同社では、原因となったプログラムコードを特定・修正したうえで、8月4日からサービスを再開しているが、今回消失したデータのうち、動画については回復する技術的手段がなく、静止画については、ダウンロード可能な状態への回復はできたものの、元の解像度には復元できないという。

 キヤノンでは、「このような事態を招いたことを厳粛に受け止め、管理体制を強化し、信頼回復を目指して再発防止の徹底に努めてまいります」とリリースでコメント。なお、影響を受けたユーザーには、8月4日中にメールで案内している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]