logo

アマゾン、自社設計のフェイスシールドを原価で発売

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月29日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間7月28日、自社で設計したフェイスシールドを米国向けのAmazon.comで販売開始したと発表した。

Amazonのフェイスシールドを着けた医療従事者ら
Amazonのフェイスシールドを着けた医療従事者ら
提供:Amazon

 同社は、ドローン配送システム「Prime Air」の機械設計とハードウェアのチームが開発したこのフェイスシールドについて、当初の予定に加えて既に3万個を寄付し、さらに15万個を2020年末までに寄付することも明らかにした。

 医療従事者や一般市民の需要に応えるために、このフェイスシールドは現在、Amazon.comで原価で販売されている。66.25ドル(約7000円)の25個パックのみでの販売となっており、同社によると、その価格は最前線で働く人々向けに販売されている他の再利用可能フェイスシールドの約3分の2だという。

 Amazonのチームはこのフェイスシールドの開発にあたり、ワシントン州の3Dプリント関連団体が作成したモデルを基にしたデザインを採用した。Prime Airのエンジニアらはこの団体と連携して、医療従事者にとってより快適で再利用可能なフェイスシールドを作成。このフェイスシールドのデザインはその後、米国立衛生研究所(NIH)の承認を受けている。

 その設計はオープンソースで公開されているため、3Dプリントまたは射出成形によって、誰でもこのフェイスシールドを作成することができるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]