logo

フォード、Boston Dynamicsのロボット犬活用へ--工場フロアのマッピング作業など

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年07月28日 11時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Boston Dynamicsの犬型ロボットが8月、Ford Motorの工場で働くことになった。ミシガン州ヴァンダイクのトランスミッション工場のフロアをマッピングする作業のため、2台のロボット「Fluffy」と「Spot」が貸し出され、試用される。

Spot on a mapping mission
提供:Ford

 FordのデジタルエンジニアリングマネージャーMark Goderis氏は米国時間7月26日、声明の中で、「われわれはこの工場を設計し構築している。その後何年も、改修されているがほとんど文書で記録されていない」と述べた。「工場1つをスキャンするには2週間かかる。Fluffyの助けを借りれば半分の時間で可能だ」(Goderis氏)

 FluffyとSpotはカメラ5台とレーザースキャナーを搭載する。2台の犬型ロボットは時速約5キロ(3mph)で約2時間動くことができる。工場のフロアをスキャンし、工場の設備を新しくする準備が整った際に利用される元のCADをエンジニアがアップデートする作業を支援するために利用される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]