logo

スクエニ新作「バランワンダーワールド」--中裕司氏と大島直人氏による3Dアクション

佐藤和也 (編集部)2020年07月24日 06時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「バランワンダーワールド」スクリーンショット

「バランワンダーワールド」スクリーンショット

 スクウェア・エニックスは7月24日、新作アクションゲーム「バランワンダーワールド」を、2021年春に発売すると発表した。対応機種はPS5、PS4、Xbox Series X、Xbox One、Nintendo Switch、Steam。価格は未定。

 バランワンダーワールドは 、舞台ミュージカルをモチーフとした3Dアクションゲーム。本作の主人公であるレオとエマは、さまざまなアクションを繰り出すことができる「衣装」をまとい、不思議な心象世界「ワンダーワールド」を冒険する。登場する衣装は80種類以上。エネミーを倒す、空を歩く、時を止める、ギミックを扱うなど、新たな衣装を手に入れることでステージ攻略の可能性は広がる。

 本作は「ソニック」シリーズ生みの親として知られる中裕司氏と、アーゼストの大島直人氏による、約20年ぶりとなる共同開発タイトル。映像制作にはヴィジュアルワークスの生守一行氏、音楽制作には山﨑良氏も参加。24カ国の言語にも対応予定としている。

 本作にあわせて、スクウェア・エニックスの新アクションゲームブランド「BALAN COMPANY」も発表。中裕司氏と大島直人氏をはじめとした、スクウェア・エニックスの社内、社外のアクションゲーム開発、映像・音楽制作のプロフェッショナルを結集したものとしている。

 発表にあわせて公式サイトが開設。本作のスペクタルトレーラー映像、開発者からのメッセージ映像を公開している。

(C)2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]