logo

アマゾン、「Dash Wand」のサポートを終了--バーコードも読み取れるAlexa対応デバイス

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月22日 15時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが「Dash Wand」のサポートを終了した。電池式でマグネットがついたDash Wandは、日用品を手軽に注文するためのデバイスだった。幅広い日用品のバーコード読み取りが可能で、それを元にAmazonで商品を注文することができた。Amazonの音声認識AI「Alexa」に対応しており、ボタンを押して話しかけることでスマート家電(インターネット回線を通じて遠隔で操作できる家電)を操作することも可能だった。

Dash Wand
Dash Wand
提供:Taylor Martin/CNET

 Amazonが顧客に送信した電子メールによると、同社は米国時間7月21日をもってDash Wandのサポートを終了した。メールにはDash Wandの登録解除とリサイクルの手順も記載されている。

 Dash Wandは、発売された2017年の時点では有用なデバイスだった。当時としては、バーコード読み取りは簡単でユニークな買い物のやり方であり、持ち運べるデバイスからAlexaにアクセスできるのは便利だった。とはいえ、Dash Wandで利用できるAlexaの機能は限られており、音楽再生やタイマー機能など、いくつかの基本的な機能は使用できなかった。

 Dash Wandはプライム会員向けに20ドル(約2100円)で販売されていたが、買い物に使える20ドル分のクレジットも付与されるため、実質的には無料で手に入れることができた。しかし、Amazonの手頃なスマートスピーカーが普及すると、いささか時代遅れとなってしまった。50ドル(日本では税込5980円)の「Amazon Echo Dot」はショッピングを含むAlexaのすべての機能を使えるうえに、しばしばセールの対象となる。また、現在ではスマートフォンのアプリを通じてAlexaにアクセスできることから、持ち運び可能な点ももはや強みとは言えず、Dash Wandの強みはバーコードスキャンだけとなってしまっていた。

 本件についてAmazonにコメントを求めたが、現在のところ回答はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]