logo

SpaceX、韓国の軍事衛星打ち上げに成功--「Falcon 9」ロケットを使用

Leslie Katz (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年07月21日 12時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SpaceXは米国時間7月20日、当初の予定より1週間遅れで、韓国の軍事衛星を搭載した「Falcon 9」ロケットの打ち上げに成功した。

Falcon 9打ち上げの様子
提供:Leslie Katz/CNET

 軍事衛星「ANASIS-II」は東部時間午後5時半に、フロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地の第40発射施設から打ち上げられた。

 今回の打ち上げは、SpaceXにとっては2020年に入って12回目のミッションであり、Falcon 9にとっては90回目の飛行となる。また、今回使われたブースターについては2回目の打ち上げとなった。このブースターが初めて打ち上げられたのは5月のことで、米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士Douglas Hurley氏とRobert Behnken氏を国際宇宙ステーション(ISS)に送り届けた。これは民間企業にとって初の快挙で、歴史的な出来事と言えるものだった。

 ANASIS-IIは元々、7月14日に打ち上げられる予定だった。だがSpaceXは、「2段目のエンジンの詳細に検査し、必要があればハードウェアを交換する」として、予定のわずか1日前に打ち上げの中止を発表した。

 ANASIS-IIは韓国初の軍事通信衛星だ。軍事衛星であるため、情報はあまり多くないが、Airbusの「Eurostar E3000」がベースになっているとEveryday Astronautは報じている。ANASIS-IIの質量も軍事機密とされているが、参考までにNASASpaceFlight.comによると、他のE3000衛星は発射時で4500~6500kgだという。

 ANASIS-IIは、打ち上げからおよそ32分後に放出された。SpaceXは韓国からの要請に従って、ウェブキャストでは放出時の映像をライブで流さなかったが、放出されたことを音声で伝えた。打ち上げの様子を録画した映像は公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]