logo

アップルが新しい「ミー文字」をプレビュー、祝「世界絵文字デー」

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月20日 17時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは今秋、「ミー文字」に髪型やマスクなどの新たなパーツを追加する。ミー文字は顔認識を利用して自身の表情を絵文字に反映できる「アニ文字」の機能の一つで、さまざまなパーツを組み合わせて自身の似顔絵を作成し、絵文字として使用できる。Emojipediaは7月17日の「世界絵文字デー」を祝して、Appleから提供されたとする新しいプレビューを掲載した。

ミー文字、ドゥーラグの男性とマスクの女性
Appleは近くミー文字の新パーツを公開する。
提供:Apple

 今回のアップデートではマンバン(男性のお団子ヘアー)やトップノット(頭頂部にまげを結う髪型)などの髪型が追加され、マスクの新色が登場する。マスクは6月のWorldwide Developers Conferenceでミー文字への追加が発表されていた。他にも、ドゥーラグ(バンダナの一種)やティーシェル(ユダヤ人の婦人がつけるスカーフ)、ナースキャップなど多数の帽子が追加される。

 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏も17日、新しい帽子やマスクを使ったミー文字をTwitterに投稿した。

 Appleは新しい絵文字も追加する。これには、トランスジェンダーを示すシンボルやタピオカ茶、タマル(メキシコの伝統的な蒸し料理)などが含まれる。新しいミー文字や絵文字は今秋リリース予定のiOS14で追加される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]