logo

アットホーム、入居者情報を入力する手間軽減--入居申込と賃貸管理システムを連携

加納恵 (編集部)2020年07月15日 16時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アットホームは7月15日、オンライン入居申込システム「スマート申込」と、賃貸物件の契約・更新・解約・家賃管理などを一元管理できる「賃貸管理システム」のAPI連携を開始したと発表した。入居者情報を入力する手間がなくなり業務効率向上につなげる。

「スマート申込」が「賃貸管理システム」とAPI連携
「スマート申込」が「賃貸管理システム」とAPI連携

 入居申込者がスマート申込に登録した情報を、賃貸管理システム内の「スマート申込連携」ボタンをクリックすることで賃貸管理システムに連携できる仕組み。スマート申込に登録された入居申込者の情報を、別途手入力する必要がなくなり、入力の手間や登録した情報の不備確認業務、入力時の転記ミスなどが軽減できるとしている。

 不動産仲介会社や入居申込者が、スマート申込から登録した身分証明書などの画像情報も、クラウド型システムを採用した賃貸管理システムに登録、保管できるため、ペーパーレス化や個人情報を含む書類紛失防止が図れるほか、入居が確定した際は入居者情報としてデータベース化も可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]