logo

「Spotify」や「メルカリ」のiOSアプリが起動しないトラブル--原因は「Facebook SDK」

山川晶之 (編集部)2020年07月10日 22時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月10日夜ごろより、一部のiOSアプリが突然立ち上がらなくなる不具合が発生している。

キャプション
利用できなくなっていた「Spotify」(写真は7月10日20時26分)。この画面が表示された直後にアプリがダウンしてしまう不具合が発生した

 報告されているのは、メルカリやSpotify、Pinterest、PUBGモバイル、Tinderなど。ジャンルは多岐に渡っており、症状としてはどのアプリも立ち上げて画面が切り替わろうとする瞬間にダウンし、ホーム画面に戻ってしまうというもの。国内だけでなく世界的に発生しているようで、例えば米国のTwitterトレンドにもSpotifyがランクインした。

 なお、記事執筆時点(22時10分現在)では複数のアプリで復旧が確認されており、メルカリ、Spotify、Pinterest、PUBGモバイルなどダウンしていたアプリが起動するようになっている。

原因は「Facebook SDK」

 今回のトラブルは、Facebookが提供するSDKに原因があるとの見方が強い。このSDKは、開発者がFacebookへの共有機能、Facebookのソーシャルグラフ、Facebookアカウントでのログインなどをサポートするためにアプリに組み込むライブラリで、多くのアプリで採用されている。

 Facebook SDKのステータスでは、「iOS SDKのエラーでいくつかのアプリがクラッシュしていることを認識し、調査しています」と掲示。なお、Facebookは5月にも同様のトラブルを起こしており、その際もTikTokやSpotify、Tinder、Venmo、GrubHub、Doordash、SoundCloud、Pinterestなどで不具合が発生した。

キャプション
「Facebook SDK」のCurrent Stateが「調査中」に

 なお、CNET Japan編集部がFacebook Japan広報部に確認したところ、「現在、Facebook iOS SDKを使用する一部のアプリで不具合が発生しており、一刻も早く修復できるよう取り組んでいます」との回答があった。

 さらにその後、「本日、Facebook iOS SDKを使用する一部のアプリで、(コード変更による)不具合が発生しておりましたが、早期に問題を特定し、既に修復しております」と追加でコメントを発表。すでにトラブルは解消しているという。

【7月10日22時38分追記】

 Facebook Japan広報部より、不具合に関するコメントにアップデートがあったため追記を実施。あわせて、タイトルの一部も修正しました。

【7月10日23時22分追記】

 Facebook Japan広報部より、トラブルを修復したとのコメントがあったため追記しました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]