logo

Facebook、不適切なユーザー情報共有が判明--多数のアプリ開発者に

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2020年07月02日 13時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間7月1日、アクセス権の期限が切れた後も、多数の開発者とユーザーデータを共有していたことを明らかにした。同社によれば、この問題は既に解決済みだが、このミスにより規定より長い期間にわたりユーザーデータを受け取っていた開発者は、5000にのぼると推定されるという。

Facebookのロゴと南京錠のイメージ
提供:Graphic by Pixabay/Illustration by CNET

 Facebookは2018年、90日以上アプリを使っていないユーザーのデータに、アプリ開発者がアクセスできないようにすると発表していた。Facebookのアカウントはさまざまなアプリへのログインに利用できる。この変更は、同年にCambridge Analyticaに関する問題が発覚したことを受けたもの。英国に本拠を置く政治関連のコンサルティング会社だったCambridge Analyticaは、本人の許可なく8700万人ものユーザーからデータを収集し、Facebookのユーザーデータの保護措置が不十分ではないかという懸念を引き起こした。

 Facebookは今回の発表で、ユーザーが90日以上アプリを利用していない場合でも、一部のアプリがデータを受け取り続けていることが最近になって分かったとしている。収集されていたデータは、性別や言語などだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]