logo

FacebookのザッカーバーグCEO、広告ボイコットを組織する団体と会談へ

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月02日 09時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの創業者で最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は、同社のヘイトスピーチ対策が不十分であるとしてFacebook広告のボイコットを組織する団体と会談するという。Reutersが米国時間7月1日に報じた。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 全米有色人地位向上協会(NAACP)、Color of Change、名誉毀損防止同盟(ADL)などの公民権擁護団体は、「Stop Hate for Profit」キャンペーンを開始し、「白人至上主義、武装集団、反ユダヤ主義、暴力的陰謀、ホロコースト否定、ワクチン偽情報、気候変動否定論を主張する官民のグループを検出して削除すること」など、合計10項目を要求事項として挙げている。

 これまでに、Coca-Cola、Ford、Target、Pfizerといった名だたる企業が、Facebookへの広告掲載を停止しており、およそ700億ドル(7兆5000億円)にのぼるFacebookの年間広告収入に影響する可能性がある。

 Facebookにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]