logo

日本郵便、配達業務支援システムを試行導入--AIが配達ルートを自動生成

佐藤和也 (編集部)2020年06月15日 19時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本郵便は、CBcloud、オプティマインドと連携し、全国約200局の郵便局で、AIによる配達ルート自動作成などを活用した、配達業務支援システムを試行導入すると発表した。

 今回の試行導入では、新技術の活用により、ゆうパックなどの配達を担う社員の負荷軽減や、業務経験の浅い人でも簡単に配達できる仕組み作りを行うことで、誰もが活躍できる環境の実現を目指すという。

 システムは、CBcloudの宅配ソリューションシステム「SmaRyu Post」と、オプティマインドのAIによる配達ルート自動作成システム「Loogia」を連携させたもの。

操作イメージ
操作イメージ

 SmaRyu Postは、スマートフォンのみで稼働し、車両への荷物積み込みや配達、ルートの自動作成およびナビゲーション、配送ステータス管理、配達状況の画像撮影、電子サインなどの機能を一気通貫で提供するクラウド型宅配業務支援システム。Loogiaは、独自のアルゴリズムにより、最適な配達順序やルートをAIで自動計算し提示。これまで配達経験のない人でも、熟練者と遜色なく業務を行えるよう支援する。

地図イメージ
地図イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]