logo

アップル、「Mac」への独自開発チップ搭載計画をWWDCで発表か

Alexandra Garrett Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年06月10日 08時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2010年に、新たに発表した「iPad」タブレット向けに「A4」という独自チップを開発したことを明らかにしてテクノロジーの世界を驚かせた。そして2020年、同社は「Mac」に搭載するプロセッサーを自社開発チップに切り替えると発表して、再び世界を驚かすかもしれない。

iMac
iMac
提供:Sarah Tew/CNET

 この動きは、Appleが少なくとも一部のMacで、Intel製プロセッサーの搭載をやめていこうとしていることを意味する。Appleは2005年にIntel製プロセッサーへの切り替えを発表、それ以来「MacBook Air」などにはIntel製品が使われてきている。

 Bloombergが米国時間6月9日付けの記事で報じたところによると、Appleは6月中に開催予定の開発者向けカンファレンス「WWDC 2020」で、Macのプロセッサー切り替えに関する計画を正式に発表する予定だという。同カンファレンスは現時点で、6月22日からオンラインで開催予定。ただし独自開発プロセッサー発表のタイミングについて、Bloombergでは新型コロナウイルスの感染拡大がAppleの生産体制に影響を与えていることから、変更になる可能性があるとしている。

 Appleは、Macに自社開発チップを搭載することで、さらに小さく、薄く、しかもバッテリー駆動時間の長い製品を実現することが可能になる。同社はIntelとの提携関係を維持しつつ、これまではノートPCの温度を低く保つための新しいファンや「ユニボディ」と呼ばれる継ぎ目のない筐体、薄型画面やヒンジを実現する新しいキーボードなどを設計してきた。

 業界観測筋によれば、AppleがMacにも高い評価を得ている同社の「Aシリーズ」チップを搭載できるようになると、エネルギー効率の高い製品が実現可能になるという。

 同社の最新チップ「A13 Bionic」は「iPhone 11」や「iPhone SE」に搭載されている。このチップは、Armのデザインをベースに同社が独自開発したもの。Armの設計は、サムスン、Qualcomm、Nvidiaが開発するチップの基盤としても採用されている。

 AppleによるIntel離れの動きは、何年も前からうわさが流れていた。たとえば2018年4月には、Appleが「MacBook」と「iMac」用に独自プロセッサの開発を進めていると報じられていた。実際にこの移行が進められれば、Macに関しても、iPhoneやiPadに似たプロセッサー戦略が採用されることになる。

 Bloombergによると、Armベースのチップを搭載するMacをAppleがテストしたところ、Intelチップを搭載するこれまでの端末よりも、グラフィックス性能と人工知能(AI)を使用するアプリで改善が見られたという。この新チップを搭載すれば、Macノートは将来的にさらに薄く軽量になる可能性もあるという。

 Appleは、少なくとも3種類のMacプロセッサーを開発中で、これらを搭載する最初のMacは、2021年に登場する可能性があるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]