logo

任天堂、不正アクセスの可能性があるニンテンドーネットワークIDが新たに14万件存在

佐藤和也 (編集部)2020年06月09日 19時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は6月9日、4月24日付けで公表した、「ニンテンドーネットワークID(NNID)」に対する不正ログインが発生したことについて情報を更新。不正アクセスを受けた可能性があるアカウントが、新たに約14万件存在していたことを発表した。

 これは、何らかの手段で任天堂のサービス以外から不正に入手したログインIDとパスワード情報を用いて、4月上旬ごろからNNIDに、なりすましログインを行ったと思われる現象が発生したことを同社が確認。4月24日の発表では、不正ログインを受けた可能性のあるNNIDは、約16万アカウントとしていた。

 同社では、その後も継続して調査を続けた結果として、不正にアクセスされた可能性のあるNNIDが、追加で約14万アカウント存在していたことが判明したという。これら約14万件のNNIDと、それらと連携されていたニンテンドーアカウントに対してもパスワードリセットを行い、ユーザーには別途連絡しているという。また同時に、追加のセキュリティー対策も施しているとしている。

 なお、不正ログインを受けた可能性のある世界中のNNIDのうち、ニンテンドーアカウントを通じて実際に不正な取引が行われた可能性が存在したものは、全数の1%未満としている。対象となるユーザーに対しては、現在も各国で返金手続きを継続中としているが、大半のユーザーに対しては、既に返金処理を終えているとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]