logo

米国で5G抗議活動の可能性、業界団体が警告--消えぬコロナ陰謀論

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年06月05日 12時16分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界5G抗議デー(Global 5G Protest Day)とされる米国時間6月6日に5Gに対する抗議活動が計画されていると、非営利の業界団体であるNATE: The Communications Infrastructure Contractors Associationが4日に警告した。通信関連メディアのLight Readingが4日、これに気づいて先に報じていた。

提供:Corinne Reichert
提供:Corinne Reichert

 「NATEは公式ルートを通じて、世界5G抗議デーの活動が6日に米国全土で計画されていると聞いた」「会員企業とその従業員に対して、安全を保って警戒し、今週末に基地局への移動時や作業時に目撃した異常または疑わしい活動を報告するよう勧告する」(NATE)

 NATEには、米国、カナダ、英国、中国、シンガポール、スペイン、バハマ、プエルトリコ、ガーナ、イスラエル、ジャマイカ、ナイジェリア、サウジアラビア、トリニダード・トバゴの企業が加盟している。

 NATEの責任者であるTodd Schlekeway氏は、Light Readingの取材に対して、通信事業者や基地局運営企業から5G抗議デーに関するうわさを聞いたと語った。NATE、T-Mobile、Verizon、米国の移動体通信業界を代表するCTIAにコメントを求めたが、今のところ回答はない。AT&Tはコメントを控えた。

 英国では、5Gが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を招いているという誤った陰謀論により、5G中継塔が攻撃された。

 この陰謀論は間違っている。電波がウイルスの原因になるはずはない。Facebook、YouTube、Twitterはいずれも、誤情報の削除に取り組んできた。英通信事業者らも4月、基地局に放火するのをやめるよう呼び掛けており、英大臣も5G陰謀論について「全くのたわごとだ」と否定している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]