logo

「ツイキャス」運営会社、アバターで通話を楽しむ音声SNS「パルミン」を提供開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モイは6月4日、2Dイラストアバターで通話できる音声SNS「パルミン」の提供を開始したと発表した。まずは、Android版をリリースする。

キャプション

 パルミンは、2Dイラストアバターを用いて通話できるトークアプリ。利用者は、ドレスアップしたアバターを使って友達の部屋へ遊びに行ったり、他の利用者を自分の部屋に招待したりして交流ができる。

 チャットのほか、アバターを介した最大3人までの音声通話に対応。友達以外の誰かとすぐに話したい時は、一覧ページでオンライン中の利用者を検索できる。趣味が共通する利用者と出会いやすくなるハッシュタグの設定にも対応する。

 アバターには、服や髪型や顔の表情、アクセサリーなど300種類以上のパーツを用意。さまざまなテイストのパーツを無料で用意しており、ゆめかわ系の衣装にしたり、アニメキャラを再現したり、アバターを通して自分が表現できるという。

 同社では今後、パルミンのアバター機能を拡張させるほか、海外へのサービス展開やアニメ系コンテンツとのコラボ、利用者によるアバターのパーツ投稿・配布機能などを予定している。

 モイでは、暇つぶし系トークアプリは、顔出しのプロフィールが暗黙的に求められるなど、気軽なコミュニケーションが取りづらい環境だと指摘。同社が提供するライブ配信サービス「ツイキャス」上に根付く「イラスト通話」文化に課題解決のヒントを見出したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]