logo

「IFA 2020」、9月にリアル開催へ--参加者を制限、期間も短縮

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月20日 16時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州で最大級の年次エレクトロニクスショー「IFA」が、9月3~5日にリアルイベントとしてドイツのベルリンで開催されることが決まった。

IFAの会場
提供:Emmanuele Contini/NurPhoto via Getty Images

 IFAのエグゼクティブディレクター、Jens Heithecker氏が5月19日のライブ配信で明らかにした。ベルリン当局は5000人以上が集まるイベントの開催を禁止しているが、IFAは各セクションに参加する人数を1日1000人までに制限し、一般公開はしない。また例年は約1週間にわたり開催しているが、今回は3日間に短縮した。

 Heithecker氏は「優先事項はただ1つだ。健康と安全が第一でなければならない」としつつも、世界経済のためにも、ブランドやメーカーがブラックフライデーや休暇シーズンを前に、新製品を世界に向けて発表できる場が必要だとも語った。

 同氏はQualcommのプレジデントであるCristiano Amon氏が初日の基調講演を務めることも明らかにした。プレスカンファレンスには、世界から800名のジャーナリストのみが出席できる。出席できない人にはバーチャルで参加する機会も提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]