logo

テレワーク需要拡大に対応--VAIO、前年比2倍のPC生産体制を構築

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは5月19日、急速に拡大するテレワーク(在宅勤務)導入ニーズに対応するため、5月から6月にかけて、VAIO安曇野本社工場の前年比で最大2倍のモバイルPCを生産できる体制を構築したと発表した。

 対象機種は、「VAIO SX12」「VAIO Pro PJ」「VAIO SX14」「VAIO Pro PK」「VAIO S13」「VAIO Pro PG」の6モデル(個人向け/法人向け)。


同社によると、生産体制強化の決定に先立ち、企業のテレワーク導入ニーズについて、独自に調査したという。その結果、約9割の企業がテレワークを実施するか、実施を検討する一方で、全社導入済みは約3割だと判明した。

 また、4月以降に問い合わせが増えており、その背景には、テレワークを導入したくてもインフラ(特にモバイルPC、PCセキュリティ確保)の整備が追い付かないという実態があると推測している。

 同社では設立以来、一貫して「働き方改革」の一助となるモバイルPCおよび、ソリューションを提供。同社では今回の生産体制強化だけでなく、テレワークの導入・実現を必要とする企業および、ビジネスパーソンが生産性の低下やセキュリティ対策などを心配することなく、迅速にインフラ整備を進めるためのサポートを引き続き強化するとしている。

 なお同社は、4月中旬より、LTEモジュール搭載でWeb会議をどこでも行うことができ、 生産性を維持するために十分なスペックを持つモバイルPC(固定構成)を最短3営業日で届ける取り組みを法人向け直販ECサイト「VAIOストアビジネス」にて開始している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]