logo

部屋探しがオンラインで完結する「LIFULL HOME'S LIVE」、前年比19倍の伸び

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LIFULLは、賃貸物件の相談から物件見学、重説、契約までの全てをオンラインで完結できる「LIFULL HOME'S LIVE」について、4月の「オンライン相談/オンライン物件見学」の利用実績が前年比19倍の伸び率を記録したと発表した。

 LIFULL HOME'S LIVEは、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」において、地方からの上京者や地方への転勤族向けのサービスとして、2017年より開始したサービス。同社アプリを活用し、オンラインビデオコール経由のオンライン相談、オンライン物件見学、IT重説を提供している。

 LIFULL HOME'Sサイトから、検索条件指定画面で「オンライン内見可」「オンライン相談可」「IT重説可」など希望のサービスを選択すると、オンライン対応可能物件に絞り込むことが可能。そのまま専門フォームから、それぞれのサービス利用までを完結できる。

 最大10人までの同時接続が可能で、離れて暮らす家族やパートナーと一緒に住まい探しを進めることが可能。 担当者とコミュニケーションを取りながら、オンラインビデオコール経由で物件のスペックや周辺環境などを確認できる。

 LIFULL HOME'Sが3月に加盟店企業に対して行った「第2回新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査で、現時点での企業活動への影響について調査を実施したところ、全体の91.7%が企業活動へ影響が出ていると回答。いまだコロナ終息の目途が見えない中、対面営業が中心だった不動産業界でも、オンライン化需要が急激に高まっている。

現時点での企業活動への影響
現時点での企業活動への影響

 LIFULLでは、LIFULL HOME'Sの新規加盟店向けに、3月5日より提供期間限定で「オンライン相談/オンライン物件見学/IT 重説」サービスを無償化し、5月8日時点でサービス利用店舗数が2.6倍、利用実績についても、4月の相談、物件見学が前年比の約19倍、IT重説は約2倍となっている。

 360度パノラマ画像についても、コロナの影響が広がった3月以降の問い合わせが急増し、掲載物件数が10万件以上増加。LIFULLは、業界全体のオンライン化が加速する中、主要ポータルサイトでの送客を見込む不動産会社にとって、LIFULL HOME'S LIVEか経営維持のサポートになりえるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]