logo

東京都の固定資産税などが「PayPay」で納付可能に--最大1.5%のポイントも付与

山川晶之 (編集部)2020年05月15日 15時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループ、ソフトバンクヤフーが共同出資するPayPayは5月15日、東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産、23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書が「PayPay請求書払い」に対応すると発表した。6月1日より支払い可能となる。

キャプション

 PayPay請求書払いは、電気・ガス・水道料金などの公共料金の請求書にあるバーコードをPayPayで読み取ることで支払えるサービス。すでに、672の地方公共団体や事業者(自治体406、水道局266)と、52の電気・ガス・放送事業者の公共料金に対応しているという。

 今回の対応により、東京都税を自宅にいながら24時間いつでも支払うことができる。外出が不要になるだけでなく、現金を引き出すための時間や手間、引き出し時の手数料も省くことができるとしている。支払いに利用できるのはPayPay残高のみであり、クレジットカードは利用できない。

 さらに、PayPay請求書払いを利用することで、支払額の0.5%~1.5%をPayPayボーナスとして付与する。付与上限は1回あたり7500円相当。1カ月の付与合計上限額は、最大1.5%のポイント付与と「特定サービス利用特典」の付与分を合算して1万5000円相当となる。なお、1.5%のポイントを得るには、基本付与分の0.5%に加え、100円以上の決済を50回以上、利用金額10万円以上という条件を達成することで、それぞれ0.5%ずつ追加される。

 自動車税種別割の納期限は毎年5月31日だが、2020年は日曜日となり、納期限は6月1日となる。そのため「PayPay請求書払い」でも、6月1日限定で自動車税種別割の納付が可能という。自動車税種別割以外の各税金は、それぞれの納期限までに支払うことができる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]