logo

「Google Play Music」年内終了へ--「YouTube Music」への転送機能を提供開始

山川晶之 (編集部)2020年05月13日 14時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは5月13日、音楽サブスクリプションサービス「Google Play Music」を年内に終了すると発表した。同社は、「YouTube Music」への移行を進めており、同日よりGoogle Play Musicからの転送機能を提供開始する。

キャプション

 YouTube Musicは、2018年11月に発表されたストリーミングサービスで、5000万曲以上の楽曲やアルバムのほか、YouTubeにアップロードされている音源、ライブ、リミックスが楽しめるという。さらに、好み、場所、時間帯、移行したGoogle Play Musicの設定などをベースに、マイミックス、おすすめ、新譜ミックスなどをレコメンドする。月額980円の有料会員は、オフライン再生にも対応する。

 転送機能では、Google Play Music側の設定、プレイリスト、アップロードした楽曲、購入した楽曲などをYouTube Musicに移行できる。YouTube Musicのアプリをダウンロード後、「移行を開始」をタップするだけで移行が完了する。また、楽曲のアップロード数は、YouTube Musicでは10万曲までに拡大している。

 グーグルでは2020年後半を予定しているGoogle Play Music終了までの間、両サービスの利用は引き続き可能としているものの、あくまでもユーザーがYouTube Musicにコンテンツを移行し、機能に慣れてもらうための準備期間と位置づけている。なお、Google Play Music有料会員であれば、追加負担なしでYouTube Musicを有料会員として利用できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]