logo

弁護士ドットコム、契約管理業務をAIで自動化する「クラウドサインAI」

佐藤和也 (編集部)2020年05月12日 15時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 弁護士ドットコムは、同社が提供しているクラウド契約サービス「クラウドサイン」について、契約書データを自動で読み取り管理できる新機能「クラウドサインAI」を発表した。2020年夏から提供を開始予定。Sansanの契約書データ化ソリューション「Contract One」(コントラクト ワン)における契約書データ化技術を活用するという。

 クラウドサインAIでは、クラウドサインでの契約締結後、契約締結先の企業名・契約開始日・終了日・取引金額・自動更新の有無など、8項目にわたる契約情報を自動で判別。その情報がクラウドサイン上に記入・表示されるというもの。紙で締結した書類も、スキャンしたPDFファイルをクラウドサイン上にアップロードすることで、同様に自動で情報記入され、契約管理業務をAIによる自動化が実現するという。

「クラウドサインAI」イメージ
「クラウドサインAI」イメージ

 この機能により、これまでクラウドサインが提供してきた契約業務おける押印や書類の電子化に加え、スムーズなデータ共有が可能になるという。例えば、営業部門の締結した契約金額を、経理部門が簡単に把握できるようになるなど、内部統制の強化にも繋がるとしている。このほか、エクセルの更新や管理スペースなど、手間やコストがかかるアナログな業務からの解放と、セキュアな管理を同時に実現するとしている。

 なお、クラウドサインAIの正式公開に向けて、すでにクラウドサインを利用しているユーザーを対象とした、モニター企業の募集も行うとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]