新型コロナウイルス関連

シャープ、マスクの販売を一時停止--22日中での再開目指すも見通しは未定

山川晶之 (編集部)2020年04月22日 13時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月22日、21日より開始したマスク販売を一時停止すると発表した。

キャプション

 同社では、日本政府からの要請を受け、2月28日にマスクの生産を決定。三重工場のクリーンルームを活用しており、3月31日には、日本政府向けに出荷を開始。当初は政府への納入を優先していたが、4月21日からは50枚入り税別2980円で個人向けにも販売を開始した。

 しかし、販売開始となる10時前後からアクセスが急増。会員登録サイト「COCORO LIFE」につながりにくい状態に陥ったほか、シャープのIoT家電にも影響。認証ページにも負荷がかかり、結果としてスマートフォンアプリで操作できない(物理ボタンや赤外線リモコンは使用可能)といったユーザーの報告がTwitterなどに複数挙がる事態となっていた。

 同社公式アカウントでは、22日中での販売再開を目指すとしているものの、今のところ正確な再開時期は未定としてる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]