logo

5Gのメリットを認識していない米消費者多く--米調査

Natalie Gagliordi (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月13日 11時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5Gの展開やT-MobileとSprintの合併に関する新たな調査で、米国の通信業界の現状と5G高速接続に関する消費者の認識が明らかになった。

5G

 Waveformによる調査で、新たに合併したT-MobileとSprintが、通信市場のリーダーであるVerizonから顧客を奪える可能性は低いことが分かった。また、多くの消費者は5Gの利点を理解しておらず、5Gの展開に心を躍らせているわけではないようだ。

 また調査によると、米国の消費者の多くは5Gの技術や、5Gがワイヤレス接続の未来に対してどのような意味を持つかということをまだ十分に理解していないという。5Gに関して多くのマーケティングが展開されているが、5Gのメリットを「非常に明確に」理解していると答えた消費者は全体のわずか32.8%だ。65.7%の消費者は、5Gの導入を待ち望んでいるわけではないと答えた。

 また、合併したT-MobileとSprintに最も多くの契約者を奪われる可能性が高いのはAT&Tだという。AT&Tの顧客の約28%が新生T-Mobileへの乗り換えに関心を示した。Verizonの顧客の45.3%は、乗り換えに関心がないと答えた。

 米国の消費者は、家庭における電波の状況が前年より悪化したとしている。そうした中、Verizonは家庭での通信のユーザー体験で大きくリードしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]