logo
新型コロナウイルス関連

ヤフー、「Yahoo! MAP」で終了した「混雑レーダー」の機能提供を再開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは4月10日、「Yahoo! MAP」アプリ(iOS/Android)および、ウェブ版「Yahoo!地図」において、2020年1月31日に終了した、地図上でエリアやターミナル駅周辺の混雑度を確認できる機能「混雑レーダー」の提供を開始した。

キャプション

 政府や各自治体は、不要不急の外出自粛や、集団感染の共通点である「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の3つの「密」を避ける要請をしている。この状況下で、地図上で混雑度を確認できる「混雑レーダー」の再開を望む声がSNSなどで多くあったことから、提供を再開したという。

キャプション

 今回の「混雑レーダー」では、同社が提供する各アプリ上で位置情報の利用を許可しているデータをもとに算出した2時間前から26時間前までの混雑状況を、混雑度を色で段階的に表現するヒートマップとして確認可能。

キャプション

 画面下部のスライダーを動かすことで、2時間前から26時間前までの各時間帯の混雑状況が確認でき、再生ボタンをタップすると、混雑状況の推移をアニメーションで再生できる。

キャプション

 また、今回の「混雑レーダー」は、以前より大幅に位置情報データ数が増え、表示の仕組みを改良したことで、より高い精度で混雑状況を表示できるという。

キャプション

 同社では、不要不急の外出を控えた上で、医療機関への通院などやむを得ない事情で外出が必要になった際に、「混雑レーダー」で前日の目的地のエリアやターミナル駅周辺の混雑傾向を把握しておくことで、「昨日のこの時間は、ここの駅が混んでいたから、今日は他の駅を使おう」など、混雑を避けた行動の参考として活用できるとしている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]