logo

アップル、顔の向きに合わせてスマホ画面の表示方向を自動切り替え--特許出願

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの画面は、縦長(ポートレート)と横長(ランドスケープ)のどちら向きで保持されているかに応じて、正しく見えるよう表示方向が決定される。一般的に、保持方向は加速度センサーやジャイロスコープなどから得る情報で決まる。ただし、ベッドやソファーに寝そべって持っていたり、テーブルの上に置いていたりする場合は、スマートフォンの向きを正しく認識できず、表示方向が不適切になることもある。

 これに対しAppleは、ユーザーの顔の向きに合わせて画面の表示方向を決める技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間4月2日に「USING FACE DETECTION TO UPDATE USER INTERFACE ORIENTATION」(公開特許番号「US 2020/0104033 A1」)として公開された。出願日は2019年5月31日。

公開されたAppleの特許(出典:USPTO)
公開されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、表示画面を備える何らかのデバイスにおいて、デバイス上のカメラで取得したユーザーの顔画像から顔の向きを判断し、それに合わせて画面に出すユーザーインターフェイスの向きを決定する技術に関するもの。こう処理することで、デバイスをどのように置いても、ユーザーがどの方向からのぞき込んでも、画像に表示される情報はユーザーから見て正しい向きになる。

顔の向きに合わせて表示を正しい方向に(出典:USPTO)
顔の向きに合わせて表示を正しい方向に(出典:USPTO)

 ユーザーの顔画像取得は、デバイスのロックを解除する顔認識処理の一環として処理する。また、何らかの目的でユーザーの顔を検出する必要がある場合にも、顔画像の取得が可能だ。

 特許が適用可能なデバイスは、スマートフォンやタブレット、スマートウォッチなど、多岐にわたる。

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]