logo

「au PAY」が公共料金の支払いに対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは3月30日、公共料金などの請求書(払込票)に記載されたバーコードを読み取ることで、「au PAY 残高」から支払いできる「au PAY(請求書支払い)」を3月31日に提供開始すると発表した。

キャプション

 提供開始時点では、北海道ガス、レモンガス、大阪ガス、関西電力、中国電力、沖縄電力が取り扱う電気料金・ガス料金の請求書に対応。自宅にいながら24時間いつでも支払うことが可能。加えて、支払い金額に対し0.5%のポイント(200円ごとに1ポイント)が還元される。決済上限額は、1回あたり25万円までとなる。

 支払先は今後も順次拡大する予定。4月1日に東京都水道局、5月下旬以降に5000以上の自治体・通販会社と接続する電算システム、6月上旬以降に東京電力が取り扱う請求書に対応するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]