logo
新型コロナウイルス関連

Instagram、離れていても一諸に投稿を閲覧できるビデオチャット機能を追加

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月25日 09時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramは米国時間3月24日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ユーザーの安全を確保して最新情報を提供するための新たな取り組みを発表した。その1つが、互いの距離を保ちながら友人と一緒に写真を見ることのできる新機能だ。

Instagramのロゴ
提供:James Martin/CNET

 この新機能「Co-Watching」では、ビデオチャットを通じて複数のユーザーが一緒に投稿を閲覧できる。利用するにはまずビデオチャットを開始し、チャットの左下にある写真アイコンをタップすると、写真や動画(保存、「いいね!」済み、おすすめ)を一緒に閲覧できる。

ビデオチャットで一諸に投稿を見る様子
もう独りぼっちでInstagramを見る必要はない
提供:Instagram

 Instagramはさらに、パンデミックの中で正しい情報を他のユーザーに伝えたり、慈善団体を支援したりするためのさらなるスタンプも追加する。手を洗ったり、安全な距離を保ったりといった行動に関する情報を共有するスタンプを「ストーリー」に追加できるようにする。また、寄付を必要とする慈善団体などの非営利組織を支援できるよう、「寄付」スタンプをより多くの国で提供する。

 加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の最新情報をユーザーに提供するために、世界保健機関(WHO)をはじめとする正式な保健当局へのリンクも掲載する。同社は偽情報の拡散を防止し、治療法に関する広告を禁止するために、複数のポリシーを既に追加している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]