KDDI高橋社長、5Gは「かなり大胆な料金プラン」--中国の5Gスマホを積極採用する理由は - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5Gならではの体験価値をどうやって生み出すか

 具体的には、4月にNetflixで配信予定のアニメ「攻殻機動隊SAC_2045」と、auが渋谷区と取り組む「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」をコラボレーションさせる。街にアニメの世界観をXR合成するほか、様々な体験ブースを設置する「AUGMENTED Walk」を展開する。

「攻殻機動隊SAC_2045」とコラボ
「攻殻機動隊SAC_2045」とコラボ
5G時代の配信型スタジオ「SUPER DOMMUNE tuned by au 5G(仮)」を渋谷パルコ内にオープンする
5G時代の配信型スタジオ「SUPER DOMMUNE tuned by au 5G(仮)」を渋谷パルコ内にオープンする

 また「AUGMENTED Entertainment」として、今夏オープンするライブハウス「Zepp Haneda」にも5Gを導入。人気バンド「SEKAI NO OWARI」によるこけら落とし公演で5Gを活用した演出や、多視点映像、VR映像などのライブ動画配信を行う計画だ。

 動画配信ではこのほか、ライブ配信プラットフォームのSHOWROOMとも提携。同社が今春スタート予定のスマホ向けの縦型動画配信サービス「smash.」を、au スマートパス プレミアムでお得に提供する。

SHOWROOM代表取締役社長の前田裕二もコメントを寄せた
SHOWROOM代表取締役社長の前田裕二が縦型動画への期待を語った

 smash.について「5Gの象徴的なサービス」と紹介した髙橋氏。「3Gでも4Gでも、これからは動画と言われたが、3Gの動画はフィーチャーフォンの中で無理矢理見ていた。4Gでようやく動画が楽しめるようになったが、既存の横画面の動画をスマートフォンでも見られるというものだった。5Gでは大容量で高画質な動画がスマートフォン向けに作られる。これから本格的な動画時代になる」と話した。

 AUGMENTED Entertainmentではこのほか、キングコング西野亮廣氏をアンバサダーに、吉本興業と「新たなエンタメ体験」の創出で提携していくことや、「AUGMENTED Art」として、ARグラスを用いたアートプロジェクトの展開も発表。また「AUGMENTED Sports」として豊田スタジアムを5Gエリア化して新たな観戦体験を提供するほか、本田圭佑氏の「Now Do(ナウ ドゥ)」とも提携を強化していく方針が明らかにされた。

吉本興業と「新たなエンタメ体験」の創出へ
吉本興業と「新たなエンタメ体験」の創出へ

 「我々はパートナーと新しい発想を見つけたいと思っている。いろんなアイデアをいただいて1つ実現できると、さらにこんなこともと広がっていくのが5Gの輪。それを拡張していきたい」と高橋社長。本来はサービス開始とともに、様々なイベントの実施を予定していたが、新型コロナウイルスの影響もあり「少しスケジュールを遅らせながら実施していきたい」と説明した。

 KDDIでは「AUGMENTED EXPERIENCE」を体験できるスポットとして、今夏東京・銀座にコンセプトストア「GINZA 456 created by KDDI」をオープン予定。また法人向けにも、4月以降順次5Gエリアを展開していくことを明らかにしている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]