logo

AIとスタイリストが好みに合った服を届ける「DROBE」--試着後に不要なものは返品可能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DROBEは3月13日、同社独自の「スタイリング AI」とスタイリストが嗜好や体型、予算に応じた商品(洋服、靴、ファッション雑貨)を協働でスタイリングし、セレクトした商品を定期的に届けるパーソナルスタイリングサービス「DROBE」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 DROBEは、女性に特化したパーソナルスタイリングサービス。会員登録時にファッションのテイストや体型・予算など約70問の質問に回答し、顔写真や手持ちの洋服の写真を登録することで、ファッション誌や芸能人のスタイリング、店頭での販売などを経験した同社のスタイリストとスタイリング AIにより、利用者に応じた商品を自宅に配送する。

キャプション

 スタイリング AIは、過去5万回以上にのぼるスタイリストの商品選定データをもとにモデルを開発。嗜好や体型などの特徴データ、サイズ・色・柄・素材などの商品データ、購入・返品などの行動履歴データに基づいて、商品とのマッチ度を推定するという。

キャプション

 取り扱いブランドは100ブランド以上。商品点数は10万点以上。対応サイズはS、M、Lの3サイズ。発送頻度は、1カ月、2カ月、3カ月の3パターンを用意。商品は試着ができ、気に入った商品のみを購入し、不要な商品は返品可能。商品の購入に悩んだり、購入後の着こなしに悩んだりした際は、スタイリストにいつでも質問や相談ができるという。

 なお、初回は購入した商品の代金のみで利用可能。2回目以降は、商品代金に加えて1回あたり2900円のスタイリング料が必要。配送料や返送料は無料となる。

キャプション

 同社が行ったアンケート調査によると、20代から50代の女性の半数近くが「色々な商品があり、悩み疲れてしまう」という課題があるほか、「ゆっくり服を選ぶ時間がない」「自分にはどのような色やデザインの服が似合うのか分からない」「自分のファッションセンス・知識に自信がない」などの悩みを抱えていることが分かったという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]