logo
新型コロナウイルス関連

ホワイトハウス、新型コロナ対策で大手IT企業と協議

SEAN KEANE Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月12日 09時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホワイトハウスは米国時間3月11日、主要ハイテク企業の代表者を集めたテレビ会議を開き、新型コロナウイルスへの対策について協議した。ホワイトハウスの声明によると、Amazon、Apple、Facebook、Google、Microsoft、Twitterがこの会議に参加したという。

ホワイトハウス
提供:Marguerite Reardon/CNET

 米国最高技術責任者のMichael Kratsios氏が会議の進行を務めた。同氏は各社に対し、技術的な強みを生かし、新型コロナウイルスに関する新しい学術文献データベースから医学的知見を収集できるよう支援することを要請した。また、ホワイトハウスが数日のうちに公開するとしていた新しいデータベースを、この会議で一足早く開示した。

 「ホワイトハウスの最優先事項は、COVID-19感染拡大の中で米国民の安全と健康を確保することだ。全員総力体制で進めるこの取り組みにおいて、最先端技術企業と主要オンラインプラットフォームは重要な役割を担う。今日の会議は、今後に向けた初期計画の概要を示すものであり、われわれはこの重要な議論を継続していくつもりだ」と、Kratsios氏は声明で述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]