logo

オトバンク、シマラヤジャパンと業務提携--オーディオブックのコンテンツを提供

佐藤和也 (編集部)2020年03月11日 08時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオブックの制作・配信を行うオトバンクは3月10日、音声プラットフォーム「himalaya」を運営しているシマラヤジャパンと業務提携契約を締結。コンテンツ連携を開始すると発表した。オトバンクは日本国内におけるメインパートナーとして、同社が運営しているオーディオブック配信サイト「audiobook.jp」で配信しているコンテンツから約2万6000点のコンテンツを、himalayaに提供する。

 シマラヤジャパンは、中国で音声プラットフォーム「喜馬拉雅(シマラヤ)FM」を運営しているシマラヤの日本法人。himalayaはその日本版サービスにあたり、国内でも幅広く音声コンテンツを提供している。

 オトバンクはオーディオブックのコンテンツ制作やaudiobook.jpの運営のほか、サードパーティへのコンテンツ提供も行っており、今回の業務提携で、オーディオブックの認知拡大、およびコンテンツの作り手へのさらなる利益還元を目指すとしている。

オトバンク代表取締役社長の久保田裕也氏(左)と、シマラヤジャパン CEOの安陽氏(右)
オトバンク代表取締役社長の久保田裕也氏(左)と、シマラヤジャパン CEOの安陽氏(右)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]