logo

神姫バス、運転手の眠気をスマート衣服で検知する実証実験--Xenomaの「e-skin」で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神姫バスと神姫観光バス(神姫バスグループ)は、バス運転手の眠気をスマート衣服で検知して警告する「眠気アラートシステム」について、実証実験を開始した。実験では、Xenomaが「スマートアパレル」と呼んでいる「e-skin」をスマート衣服として使用する。

スマートアパレル「e-skin」(出典:Xenoma)
スマートアパレル「e-skin」(出典:Xenoma)

 e-skinは、身に着けた人の動きを計測できる衣服型センサーデバイス。各種センサーを複数搭載しているにもかかわらず、洗濯が可能で、普段着と変わらない着心地を実現しているそうだ。

着心地に優れ、耐久性が高く、洗濯できる(出典:Xenoma)
着心地に優れ、耐久性が高く、洗濯できる(出典:Xenoma)

 運転手の眠気を検出する方法としては、カメラで顔の表情を捉える技術がすでに存在する。これに対し、e-skinを利用すれば、カメラベースの眠気検出機能では見逃してしまう、表情に眠気が現れないマイクロスリープも検出だという。

 実証実験では、実際のバス運行中にデータ計測を実施する。そして、眠気を検出すると運転手に伝えて自覚させることで、安全性の向上を図る。

e-skinの紹介ビデオ(出典:Xenoma/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]