5G時代の視聴体験を--VRライブからクラウドゲームまで網羅するソフトバンク「5G LAB」

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2020年03月05日 20時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは3月5日、コンテンツ配信サービス「5G LAB」の提供を3月27日から開始すると発表した。同社では、5Gの商用サービス「SoftBank 5G」を3月27日に開始予定であり、5G LABは名前の通り、5G時代を見据えた配信サービスとなる。

キャプション
4カテゴリで構成される「5G LAB」

 5G LABでは、ライブやゲームといったエンターテインメント、スポーツを中心に、5G時代ならではの視聴体験を可能にする。「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」の4カテゴリーで構成されており、GAME SQUAREを除く3カテゴリー「5G LAB ベーシック」は、月額500円で利用可能だ。

 なお、3月27日から7月31日までは無料で利用可能なほか、SoftBank 5Gを利用する際に必要な「5G基本料」に入ると無料。もちろん、4Gでも利用可能だが、最大パフォーマンスを得るには5G回線がベストとしており、対象の動画サービスやSNSが使い放題になる「動画SNS放題」利用者であれば、データ通信量はカウントされないという。

アイドルと合成動画が撮影できる「AR SQUARE」

 AR SQUAREでは、実際の風景に3Dモデルデータであったり、事前にスキャンした動画データを合成することで、ARコンテンツが楽しめる。例えば、アイドルやキャラクターなどを、拡大・縮小・回転して自由に鑑賞したり、スマートフォンのカメラを通して、好きなアイドルやキャラクターを出現させ、現実の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影したりできる。

 また、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズと共同で開設した、国内最大規模の3Dホログラム撮影スタジオで、30台のカメラを駆使して制作したオリジナルコンテンツもラインナップ。

キャプション
「AR SQUARE」のイメージコンテンツ。右側の女性がARコンテンツで、左側の男性のダンス動画と合成している
キャプション
実際に撮影してみた様子

VRでライブやスポーツが楽しめる「VR SQUARE」

 VR SQUAREでは、現在提供しているVRサービス「LiVR」を名称変更し、大幅にジャンルやコンテンツを拡張。音楽ライブやスポーツ観戦など、間近で参加しているような体験ができたり、複数の視点を切り替えて視聴できる。ソフトバンクでは、AKB48の57枚目シングル「失恋、ありがとう」の特別メイキング映像を独占配信。また、バスケットボールの試合などでは、顔認識技術や画像認識技術を用いて、今どのポジションに居るのか、ボール潜入率は何%かをリアルタイムで表示する機能も用意するようだ。

キャプション
キャプション
ゲームの内容をひと目で追えるように

 また、5G商用サービス開始にあたり、端末ラインナップとして、シャープ、LG、ZTE、OPPOの5Gスマートフォンをラインナップ。先着4万人に、VRゴーグルをプレゼント。VRゴーグルを装着することにより、コンテンツを立体的に視聴でき、VR SQUAREのコンテンツをより楽しめるとしている。

キャプション
スマートフォンをはめるタイプだが、VRゴーグルを先着4万人にプレゼントする

動画コンテンツに“多視点”をプラスする「FR SQUARE」

 FR SQUAREでは、舞台や会場の正面・側面からなど、さまざまな角度で映像が楽しめる。例えば、音楽ライブでは、お気に入りメンバーだけを選んで視聴したり、福岡PayPayドームで開催される福岡ソフトバンクホークス戦では60台のカメラを同時に撮影することで、映像を自由に回転させることができ、好きな角度ですることが可能だ。なお、FRは、「Free view point Reality」(多視点)の略で、ソフトバンクの造語だ。

キャプション
60台のカメラから好きな視点を選んで映像を視聴できる

 先述の「失恋、ありがとう」ミュージックビデオでは、多視点で視聴可能。選抜メンバー18人それぞれがメインの18種類のミュージックビデオから、好きな視点を選択し、推しメンバーだけの映像を視聴できる。さらに、国内バスケットボールの試合をライブ中継する「バスケットLIVE」でも、多視点コンテンツの提供を3月27日から開始する。

キャプション
多視点で動画を視聴できる「FR SQUARE」

400タイトルが月額1800円で遊べる「GAME SQUARE」

 GAME SQUAREでは、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を6月から提供。月額1800円と、5G LABベーシックプランとは別のプランになるが、約400タイトルをラインナップ。5G回線の特徴のひとつである低遅延を生かしたサービスとなるほか、レンダリングをクラウド側で行い、処理結果の映像をスマートフォンに配信するため、ハイエンドではないスマートフォンでも快適にプレイできるという。こちらも、7月31日まで無料で利用可能だ。

キャプション
「GeForce NOW」をプレイする様子。レンダリングはクラウド上で行い、出力結果を動画して受信するのだが、それを感じさせない低レスポンスを実現していた

 なお、サービス開始に先立ち、3月5日から全国主要都市のソフトバンクショップにて、「5G LAB」の体験コーナーを設置。5G対応エリア外ではWi-Fi環境化となるが、実際にサービス内容を体験できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]