logo

ウェザーニューズ、天気の変化に起因する体の不調「天気痛予報」をアプリで提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェザーニューズは3月2日、同社が運営するスマートフォンアプリ「ウェザーニュース」において、天気の変化に起因する体の不調、「天気痛」の情報を提供する「天気痛予報」を開始したと発表した。

キャプション

 天気痛予報は、気圧医学の第一人者である佐藤純医師と共同開発した。同予報では、ウェザーニュースのユーザーから寄せられた症状報告と気圧データの詳細な分析のもと、人の生体リズムや人が持つ気圧センサーに影響し、天気痛の発症に寄与しやすい気圧変化パターンを独自に指数化。天気痛が発症するリスクを4ランク(警戒・注意・やや注意・安心)で算出している。

 低気圧や台風の接近といった、明らかな気圧変化に加え、天気図には現れない微小な気圧の変化も考慮し、6日先までの天気痛発症リスクを予報する。

 なお、日毎の天気痛予報のほか、3時間毎の天気痛予報と天気、気圧の変化にも対応。薬を飲むタイミングなどの参考になるという。

キャプション

 また、過去1週間分のデータも確認できるため、症状の振り返りや分析にも役立てられる。

 加えて、24時間生放送の天気専門チャンネル「ウェザーニュースLiVE」にて、天気痛予報の解説コーナーもスタートさせる。翌日の天気痛予報と原因となる天気の解説を動画で確認できるほか、「くるくる耳マッサージ」の実演など、おすすめの対策を紹介。天気痛への準備や対策に役立つ情報を毎日配信する。

 同社では、症状への心構えや薬の準備など、事前の天気痛対策に役立ててほしいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]