logo

吉本興業、所属タレントの3Dアバターを4月に公開へ--アバター生成技術の米ObENと提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 吉本興業ホールディングスは、所属タレントなどを3Dアバター化するため、米国のObEN提携した。両社は所属タレントの3Dアバター製作に取り組んでおり、2020年4月に成果物を公開する予定。

所属タレントなどを3Dアバター化へ(出典:吉本興業)
所属タレントなどを3Dアバター化へ(出典:吉本興業)

 ObENの技術を使うと、特定人物の音声と画像データから動画コンテンツやライブストリーミングなどに利用可能な3Dアバター、パーソナルアーティフィシャルインテリジェンス(PAI)アバターが作れる。対象人物にそっくりな外見のアバターを動かせるだけでなく、音声変換技術によりさまざまな言語で会話させることも可能という。

 PAIアバターは、スマートフォン用アプリや拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、SNSなどで活用できる。吉本興業は所属タレントをアバター化し、「セレブとファンのデジタルおよび仮想空間におけるコミュニケーションとインタラクションに革命をもたらします」としている。そして、日本市場向けにPAIアバターの管理および運用を担当する。

PAIアバターの例(出典:ObEN/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]