logo

アマゾン、マスクを便乗値上げする出品者に警告--商品の一部を削除

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年02月28日 10時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、新型コロナウイルスへの懸念でマスクの需要が急増していることを受けて、マスクの価格設定が高すぎる場合はサイトから排除することもありうると出品者に警告している。

マスクを着けて歩く香港の人々
マスクを着けて歩く香港の人々
提供:Getty Images

 Wiredは入手した電子メールを基に、Amazonが価格設定ポリシーに従わない出品者に警告を発していると報じた。このポリシーは新型コロナウイルスの感染拡大より前から施行されている。価格が高すぎるマスクの一部はウェブサイトから削除された。

 Wiredは、Amazonで販売されている商品の価格を追跡している「Keepa」のデータを基に、医療用マスクが数週間前と比べて約4倍の100枚入り1箱15ドル(約1600円)で販売されていると報じた。また、3Mの微粒子用マスクは、1月末から4倍値上がりし、1箱20枚入りが17ドル(約1800円)から70ドル(約7600円)になった。

 Amazonでは、「AmazonまたはAmazon以外での最近の販売価格よりも著しく高い」商品価格の設定など、消費者の信頼を損なう可能性がある価格設定を禁止するルールを設けている。

 Amazonの広報担当者は声明で、「出品者は自分のストアに出品する商品の価格を設定しており、当社は出品者が競争的な価格を設定するように促すポリシーを設けている。当社はストアを常時監視して、このポリシーに違反する商品を排除する」と述べた。

 米疾病予防管理センター(CDC)では、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の症状がある場合を除いて、COVID-19から身を守るためにマスクを着用することは推奨していない。その代わり、20秒以上かけて手を洗うことや、目や鼻や口を触らないことなど、他の対策を推奨している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]