logo

ローマ教皇、四旬節の期間はスマホから離れるよう呼びかけ

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2020年02月27日 11時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カトリック教会のフランシスコ教皇が、2020年の四旬節の過ごし方についていくつかの提案をしている。その内容は、スマートフォンから離れ、オンラインで意地悪なことを言うのはやめようというものだ。

フランシスコ教皇
フランシスコ教皇
提供:Vatican

 キリスト教の聖なる日にあたる「灰の水曜日」は、四旬節の始まりを告げる日で、2020年は2月26日だった。四旬節の40日間には、信仰心のあついキリスト教徒の多くが、一部の食事やぜいたく品を断つ習慣がある。フランシスコ教皇はバチカン市国のサンピエトロ広場に集まった信徒を前に講話を行い、その際に1つのメッセージを届けた。

 Vatican Newsが伝えた教皇の発言によると、「あまりに多くの言葉の暴力」や、インターネットが増幅する「攻撃的で有害な言葉」への言及があったという。さらに教皇は、「四旬節はスマートフォンから離れて福音書に触れるべき期間」だと述べた。

 フランシスコ教皇はこれまでも、オンラインでのデマ情報拡散について警告したり、ネット上の児童ポルノの撲滅をIT企業に求めたりするなど、テクノロジーに言及した事例がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]