logo

画面を横に拡張できるTCLの「スライド式」スマホ、米CNETがコンセプト画像を入手

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2020年02月18日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TCLがフレキシブルディスプレイを使って、スライド式ディスプレイを搭載したスマートフォンに取り組んでいることを米CNETが突き止めた。「Galaxy Z Flip」や「Motorola Razr」のような半分に折りたためるディスプレイとは一味違う。ポイントは、タブレットを持ち運ばなくとも、タブレットと同じだけの画面スペースを利用できる点だ。米CNETが入手した画像を見る限り、このコンセプト端末は普通のスマートフォンのような外観だが、ディスプレイを引き出すとタブレットになる。

TCLのコンセプト端末
TCLのコンセプト端末

 筆者がこれまでに見たことがない、刺激的なデザインだ。信頼できる筋からの情報によると、拡張可能なこのスマートフォンは、2月に世界最大のモバイル見本市「Mobile World Congress(MWC)」でメディアに披露される予定だったという。MWCは、コロナウイルスの世界的な感染拡大に関する健康面への懸念を考慮して中止となった。

 TCLはコメントの依頼に応じなかった。

TCLのコンセプト端末

 このTCLによるコンセプト端末のデザインは、引き出すと連続した1つのディスプレイとなり、画面の左右両端が曲面になっているように見える。本体の中央部分と右側にあるデュアルフロントカメラとの間に筐体の切れ目があり、そこから左右に引くと追加の画面が出てくるようだ。ダイニングテーブルの端を手前に引き出すと、より多くの客が座れるようにテーブルトップが拡張されるのとよく似ている。

 内部がどのような仕組みになっているのか不明だが、筆者の予想では、ディスプレイの半分が折れ曲がるか巻かれる形で、もう半分の背後に収まるのではないだろうか。

TCLのコンセプト端末

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]