logo

モトローラの「Razr」、ディスプレイの折り目が早くも剥離との指摘

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年02月18日 10時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaの折りたたみスマートフォン「Razr」が米国で発売されてからまだ2週間も経っていないが、同端末の1つに既に深刻な摩損が生じていると報じられている。

Motorolaの折りたたみスマートフォン「Razr」
提供:Raymond Wong/Inputmag

 ガラス、プラスチック、ステンレス鋼の組み合わせでできているRazrは、折りたたみスマートフォンにとって重要な時期に発売された。同製品は、画面を縦折りすると半分のサイズになり、物理的なスペースを縮小しつつ画面サイズを最大化するという折りたたみスマートフォンの概念を、初めて実証するものだ。

 昔の折りたたみ式携帯電話の魅力の1つは、簡単に壊れないという点だった。それらの端末は、落としてもぶつけても投げても壊れにくかった。しかし、Razrをいち早くレビューしたある人物によると、同端末は「悪夢」だという。

 InputmagのスタッフであるRaymond Wong氏は、Razrの折りたたみ部分に剥離が生じたと報告している。ディスプレイパネルとそれを覆うラミネートフィルムの間に、大きな気泡が水平に入って両者が分離しているという。この損傷は、厳しい耐久性テストを実施した結果ではなく、ジーンズの前ポケットに入れてニューヨークの地下鉄に45分間乗っている間に起きたと、Wong氏は記している。

 Wong氏は、端末を取り出して写真を撮ろうとした時点で、気泡に気づいたという。

 「画面は、ヒンジからヒンジまで完全にたわみ、上層は、貼り付けに失敗した画面保護フィルムのように盛り上がっている」と、Wong氏は記している。

 米CNETは、Razrと、折りたたみスマートフォンとしてそれに競合するサムスンの「Galaxy Z Fold」に対し、実際に一連の落下テストを実施した。Razrは、閉じた状態で3フィート(約0.9m)の高さから落下させると、ガラスに細いひびが入った。開いた状態で5フィート(約1.5m)の高さから落下させると、前面にもう少し多く亀裂が入ったが、タッチスクリーンは正常に機能し、内側の画面も正常に機能した。ただし、端末背面を覆うメタルグリルが緩くなり始めた。

 Motorolaにコメントを求めたが、回答をすぐには得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]