logo

キヤノン、フルサイズミラーレス「EOS R5」開発発表--8K動画やボディ内手ぶれ補正も

山川晶之 (編集部)2020年02月13日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは2月13日、フルサイズミラーレスとしては第3弾となるハイエンドモデル「EOS R5」、RFマウントの望遠レンズ「RF100-500/4.5-7.1 L IS USM」と、「エクステンダー RF1.4x」、「エクステンダー RF2x」を開発発表した。発売時期は2020年中としている。

キャプション
「EOS R5」

 具体的なスペックは明かされていないが、8K動画の撮影に対応。連写性能も引き上げられており、電子シャッターで秒間20コマ、メカシャッターで秒間12コマ撮影できるという。また、ボディ内手ぶれ補正を搭載。レンズ側の手ぶれ補正ユニットと協調動作し、大幅に補正性能を向上させたとしている。メモリーカードスロットもデュアルスロットとなる。

 さらに、13日に発表されたクラウドフォトサービス「image.canon」に対応。EOS R5では、事前に設定したWi-Fiネットワークに接続すると、カメラ内にある画像を自動でimage.canonにアップロードできる(EOS R5以前のモデルは手動でカメラからアップロード可能)。アップロードされた画像は30日間保存され、GoogleフォトやAdobe Creative Cloudなど、各クラウドサービスに転送される。30日を過ぎるとデータは削除されるが、300万画素相当のサムネイルのみ長期保管される。

 なお、EOS R5、RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM、エクステンダー RF1.4×、エクステンダー RF2×は、2月27日~3月1日まで開催される「CP+」にて参考出展するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]