logo

T-MobileとSprintの合併計画、米連邦地裁が承認--主要な法的障害をクリア

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年02月12日 10時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米無線通信業界3位のT-Mobileと4位のSprintの合併交渉が、ゴールまであと少しとなった。保留されているこの265億ドル(約3兆円)の合併計画について、ニューヨークの裁判所が進めてよいと判断したのだ。米連邦地裁のVictor Marrero判事は米国時間2月11日、合併計画を認める裁定を正式に下した。

SprintとT-Mobileのロゴ<br />提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 この合併には、ニューヨークとカリフォルニアをはじめとする一部の州の司法長官が、競争を大幅に縮小させて価格を押し上げるとして反対していた。

 Marrero判事は裁定の中で、この合併が「競争を大幅に縮小させる」可能性は低いとしたうえで、業界における急速な変化を考慮すると、合併により競争が抑制されるとの推測は「誤解を招く」と述べた。同判事は、T-Mobileが業界リーダーのAT&TとVerizonを刺激して消費者本位の変化を引き出したと評し、T-Mobileを「一匹狼」と表現した。またSprintについては、競争力の維持に努めてきたが、「有効な競争者であり続けるために達成しなければならない目標にますます届かなくなっている」と述べた。

 この決定後、Sprintの株価は70%以上急騰。T-Mobileの株価も約11%上昇した。

T-Mobileの最高経営責任者(CEO)、John Legere氏
T-Mobileの最高経営責任者(CEO)、John Legere氏(2014年9月撮影)
提供:Josh MIller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]