中国のGeely、ウイルスを寄せ付けない自動車の開発へ--約58億円かけ新素材など研究

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の自動車メーカーGeely Auto(吉利汽車)は、3億7000万元(約58億2200万円)かけ、ウイルスを寄せ付けない自動車の開発に取り組むと発表した。

ウイルスを寄せ付けない自動車の開発へ(出典:Geely Auto)
ウイルスを寄せ付けない自動車の開発へ(出典:Geely Auto)

 Geely Autoが「より健康的なクルマ」と称するこの自動車は、医療業界向けの特殊なモデルでなく、消費者向けに展開。車内の空気中から有害なウイルスなどを取り除く機能などを搭載する。

 そのために、欧州、米国、中国で運営している研究開発センターと設計センターを連携させ、抗菌性と抗ウイルス性のある、環境負荷が低くサステナブル(持続可能性の高い)な新素材の開発を目指す。こうした新素材は、エアコンの内部や、手が触れやすいハンドルやボタンなどに使う。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]