logo

日本交通子会社のJapanTaxiとDeNAがタクシー配車アプリで事業統合

佐藤和也 (編集部)2020年02月04日 16時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本交通ホールディングス(日本交通)とディー・エヌ・エー(DeNA)は2月4日、両社が展開しているタクシー配車アプリなどに関する事業について、4月1日に統合することに合意したと発表。DeNAが運営するタクシー配車アプリ「MOV」などの事業と、日本交通の子会社であるJapanTaxiが運営するタクシーアプリ「JapanTaxi」などの事業を統合する予定としている。

 統合後におけるJapanTaxiの共同筆頭株主は日本交通とDeNAとしており、持株比率は両社とも38.17%。社名も変更するという。代表取締役会長には日本交通ホールディングス代表取締役の川鍋一朗氏が、代表取締役社長にはディー・エヌ・エー常務執行役員 オートモーティブ事業本部長の中島宏氏が就任予定としている。

 今回の統合により、配車可能な車両数は約10万台となる予定。新体制では、JapanTaxiが有する全国をカバーする幅広い展開エリアと提携台数、 タクシー専用ハードウェアなどタクシー会社に向けたサービス開発力という強みと、 MOV事業のAIやインターネットによる技術開発・サービスづくり、神奈川・東京・京阪神エリアにおける事業基盤という強みを活かし、経営統合を通じた経営資源の集約化とともに、さらなる事業の拡大へ投資を行うことで、公共インフラであるタクシーをより一層進化させていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]