logo

ADDress、社会変革推進財団らから資金調達--空き家問題など解決目指し地域活性化に貢献

加納恵 (編集部)2020年01月31日 10時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多拠点コリビングサービス「ADDress」を展開するアドレスは1月31日、一般財団 法人社会変革推進財団、リノべる、アイティーファームを引受先とする増資と日本政策金融公庫からの融資による資金調達を実施したと発表した。空き家問題等社会課題を解決し、「#全国創生」の実現を目指す。

一般財団 法人社会変革推進財団、リノべる、アイティーファームを引受先とする増資と日本政策金融公庫からの融資による資金調達を実施した
一般財団 法人社会変革推進財団、リノべる、アイティーファームを引受先とする増資と日本政策金融公庫からの融資による資金調達を実施した

 アドレスでは、#全国創生プロジェクトの実現に向け、事業を通じて社会的インパクトを重視する態度表明。「人口減少によって発生する空き家増加などの社会課題に対して、多拠点居住を通じて、全ての人が自分の居場所と思える場をいくつも持つことで、都市と地方の人口をシェアし、関係人口の増加並びに地域活性化に貢献する」とコメントしている。

 出資者の社会変革推進財団は、インパクト評価の知見やネットワークを活かし、ADDressの社会的インパクトの可視化を支援し、地域のエコシステムを生み出すプラットフォームとしての活躍を期待し、連携していくとのこと。リノベるは、リノベーションのノウハウ、全国の不動産会社や金融ネットワークを活かし、全国の空き家活用のパートナーとして協業するとともに、累計2800件以上の住宅設計、施工してきたオーナーに対し、ADDressを活用した多拠点生活の利用を推進する。

 アドレスでは、多拠点コリビングサービスを広げるとともに、全国で進行する人口減少や空き家の増加、都市部への人口集中等の社会課題を解決に向けて関係人口を創出し、社会的インパクトの創出を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]