logo

サイバーエージェント、プロレスリング・ノア運営会社の全株式を取得

佐藤和也 (編集部)2020年01月29日 19時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは1月29日、プロレス団体「プロレスリング・ノア」(ノア)を運営するノア・グローバルエンタテインメントの発行済株式の全株式を取得することについて、合意したと発表。インターネットテレビ局「AbemaTV」の格闘チャンネルにおいて、ノアの試合や番組の配信を行うほか、傘下にあるDDTプロレスリングとともにグループシナジーを活かした発展を目指すという。

 サイバーエージェントは、1997年に旗揚げされたDDTプロレスリングを2017年9月にグループ化。AbemaTVを通じた試合の中継やレギュラー出演番組の放送などを通じて、団体の成長に取り組んでいるという。

 ノアは、全日本プロレスから独立した三沢光晴氏によって2000年8月に旗揚げされたプロレス団体。ファンからの支持を受けている一方で、近年では経営が安定しないという状況が続いているという課題があったという。

 このような背景のもと、ノアの経営安定や団体成長を目的として、ノアのサイバーエージェントグループ参画について合意。ノアの社名や組織は現体制を維持し、社長にDDT社長の高木規氏が、副社長にノアレスラーの丸藤正道氏が就任。現社長の武田有弘氏は、執行役員として引き続きノアに携わっていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]