logo

「Netflix」がジブリ21作品を世界配信へ--ただし、日本や米国は除く

藤井涼 (編集部)2020年01月20日 18時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月額定額制の動画見放題サービス「Netflix」は1月20日、スタジオジブリの作品を2月1日から順次、全世界に向けて配信すると発表した。初めて28カ国語で字幕が付けられ、20カ国語に吹き替えられるという。ただし、残念ながら日本、米国、カナダは対象外となる。

 スタジオジブリ代表取締役である鈴木敏夫氏は、「今日では、映画を観客に届けるためのさまざまな素晴らしい方法がある。これまでファンの声に耳を傾けてきた上で、映画カタログの配信を決定した。この体験を通して、世界中の人々にスタジオジブリの世界を知ってもらいたい」と述べた。

キャプション

 各作品の配信開始日は以下の通り。

2月1日

  • 「天空の城ラピュタ」(1986年)
  • 「となりのトトロ」(1988年)
  • 「魔女の宅急便」(1989年)
  • 「おもひでぽろぽろ」(1991年)
  • 「紅の豚」(1992年)
  • 「海がきこえる」(1993年)
  • 「ゲド戦記」(2006年)

3月1日

  • 「風の谷のナウシカ」(1984年)
  • 「もののけ姫」(1997年)
  • 「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999年)
  • 「千と千尋の神隠し」(2001年)
  • 「猫の恩返し」(2002年)
  • 「借りぐらしのアリエッティ」(2010年)
  • 「かぐや姫の物語」(2013年)

4月1日

  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994年)
  • 「耳をすませば」(1995年)
  • 「ハウルの動く城」(2004年)
  • 「崖の上のポニョ」(2008年)
  • 「コクリコ坂から」(2011年)
  • 「風立ちぬ」(2013年)
  • 「思い出のマーニー」(2014年)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]